アルギニン+グルタミン A+G (商品名:エージー)

医療現場・介護現場との関わりを考えた商品アルギニン+グルタミン A+G (商品名:エージー)アルギニンとグルタミンを主成分にバランスよく配合

開発に至った経緯

2025年に高齢者比率3割を超える我が国では、医療を取り巻く様々な問題が懸念されています。医師不足、医療費の高騰、医療制度改革によって入院者の診療報酬がいわゆる「出来高払い」から「入院包括払い」が導入され、入院コストを削減する目的で医薬品使用量を減らしたり、入院日数の削減に取り組む医療機関が出てきました。実際、「医療難民」なる言葉がマスコミに登場し、自立した生活が困難にもかかわらず、早期退院・自宅療養を余儀なくされる独居高齢者が増えているのが現状です。

しかし一方では、栄養サポートチーム(通称NST)を立ち上げる医療施設が誕生し、患者のQOL(生活の質)向上に成果をあげている。その中心的役割のひとつに医療向け栄養補助食品の有用性が注目され、院内でしか流通しなかった栄養補助食品を、退院後の栄養管理の補助や予防医学での利用を目的として商品を開発した。

医療をとりまく問題とは...

入院患者と介護高齢者の増加

・2024年まで高齢者数は増加をたどる
・高齢者絶対数増加に伴い、入院患者、被介護者は増加する(現在の病院数は8,000程度、老人介護施設等30,000程度)

医療の変化、医療費の削減

・医師不足、特に病院勤務医の不足
・医療費の増加が問題対策として、診療報酬をとする医療費の削減が課題
・診療報酬削減のためにDPC(入院費包括払い)が導入され、病院経営が変化

注: これまで、病院への診療報酬は、出来高払い(医療費を患者に使った分だけ、病院が診療報酬をもらえる仕組み)であり、医療費を使っただけ保険から診療報酬がもらえた。包括払い(DPC)では、あらかじめ診療報酬の支払い額が決められており、病院内での医薬品使用等の医療費の使用を抑える必要がある。

Page Top
株式会社 オーキュウ
福岡市東区箱崎1丁目6-16Aden箱崎駅前2階
TEL 092-643-2021 FAX 092-643-2039
本社では、商品開発や商品の仕入れなど、
「どんぐり元気の森」の各店鋪を裏方として支えています。

医療現場・介護現場との関わりを考えた商品 アルギニン+グルタミン A+G(商品名:エージー)

2025年に高齢者比率3割を超える我が国では、医療を取り巻く様々な問題が懸念されています。医師不足、医療費の高騰、医療制度改革によって入院者の診療報酬がいわゆる「出来高払い」から「入院包括払い」が導入され、入院コストを削減する目的で医薬品使用量を減らしたり、入院日数の削減に取り組む医療機関が出てきました。実際、「医療難民」なる言葉がマスコミに登場し、自立した生活が困難にもかかわらず、早期退院・自宅療養を余儀なくされる独居高齢者が増えているのが現状です。

医療をとりまく問題とは・・

入院患者と介護高齢者の増加

・2024年まで高齢者数は増加をたどる
・高齢者絶対数増加に伴い、入院患者、被介護者は増加する(現在の病院数は8,000程度、老人介護施設等30,000程度)

医療の変化、医療費の削減

・医師不足、特に病院勤務医の不足
・医療費の増加が問題対策として、診療報酬をとする医療費の削減が課題
・診療報酬削減のためにDPC(入院費包括払い)が導入され、病院経営が変化

注: これまで、病院への診療報酬は、出来高払い(医療費を患者に使った分だけ、病院が診療報酬をもらえる仕組み)であり、医療費を使っただけ保険から診療報酬がもらえた。包括払い(DPC)では、あらかじめ診療報酬の支払い額が決められており、病院内での医薬品使用等の医療費の使用を抑える必要がある。