最高鮮度オリーブオイル「和の心」

商品紹介~最高鮮度オリーブオイル「和の心」

最高鮮度オリーブオイル「和の心」

独自開発した冷凍製法(特許出願済)により世界初の一年中搾り立ての新鮮なエキストラバージンオリーブオイルです。

スペイン南東部のアンダルシア地方で育ったオリーブ果実を、収穫最盛期の12月に収穫し、直ちにマイナス60℃の超低温で急冷。そのまま冷凍状態で日本に輸入します。注文があれば、必要な分だけ解凍し、搾油後、直ちに出荷します。

新鮮なだけに、オリーブのさわやかな風味と旨みを持ち、オイルとは思えないほどさっぱりとした食感が持ち味です。和食とよく調和し、旬の食材の味を引き立てます。例えば、お刺身に醤油と一緒にかければ、和風のカルパッチョに、大根、水菜などの季節の野菜にポン酢といっしょに使うと、和風ドレッシングに。冷奴や煮物、炒め物に等々、使い方は工夫次第で色々です。

従来、オリーブオイルと言えば、イタリアンの代表的食材。ご家庭でスパゲティに使うくらいにしか馴染みがなかった調味料ですが、毎日の健康のために日常のあらゆる料理に使っていただきたい意図を込めて、和食用と打ち出しました。

オリーブオイルはオレイン酸を豊富に含み、悪玉コレステロールを減少させる作用があります。また、ダイエットや美容にも有効です。ご家庭の食卓に置いてお使いただけるよう、使いやすい180mlガラス瓶入り。ドイツ製ステンレスの注ぎ口が付いて、お洒落な
デザインです(左写真)。詰め替え用もございます。

本年3月から本格発売開始。現在、テレビやラジオでの通販を中心に展開しています。湘南リゾートとして有名な神奈川県三浦郡葉山町に弊社直販一号店を開店。搾り立てオリーブオイルの価値を全国に向けて発信中です


◆馴染み薄いオリーブオイル

イタメシブームを切っ掛けとして、日本におけるオリーブオイルの需要が年々増加しています。今や輸入量としては150億円を超える規模となっています。しかしながら、日本人の食生活にはまだ馴染みが薄いことから、スパケディやサラダなどの一部の料理にしか使われていないのが現状です。


◆優れた効果を持つオリーブオイル

オリーブオイルはオレイン酸やポリフェノールなどの各種抗酸化物質を豊富に含み、悪玉コレステロールの抑制や心臓病疾患の予防などに効果があることが医学的に証明されています。また、コレステロールになり難いことから、ダイエット効果も期待できます。古代ローマ時代から愛用されてきた植物性油脂ですから、安全性も極めて高く、健康維持のための最適食材です。


◆広く利用されない理由

一方、オリーブオイルはオリーブ果実が収穫される一時期に一度に生産されます。また、イタリアやスペインでは、オイルを製造後、タンクに長期間保存して、独特の香りや色を付加させます。従って、日本に輸入されるオリーブオイルのほとんどは、製造後1年~2年とかなり時間が経過しています。このような従来の熟成した古いオリーブオイルはイタリア料理に使用するのであれば、料理を引き立てますが、逆に癖がある故に和食やお菓子など色々な料理に広く利用するには難点があります。オリーブオイルの有用性が高いと評価されつつも、日本で需要が伸びないのは、用途が限られるためです。


◆新しい発想のオリーブオイル

そこで、和食にも広く使えるオリーブオイルを追求した結果、オリーブオイルの本来の美味しさ、香り、優れた食感を引き出すには、新鮮さが最も重要であることを発見しました。オリーブ果実を収穫後直ぐに冷凍保存し、冷凍果実として輸入します。オリーブ果実を冷凍することは元来タブーとされていました。しかし、この新発想により、日本でいつでも新鮮なオリーブオイルを製造することができるようになりました。和食にも広く使える新コンセプトのオリーブオイルの誕生です。


◆新鮮さのメリット

オリーブオイルはオリーブ果肉に含まれるオイル成分を集めたものです。すなわち、オリーブ果実ジュースと言えます。新鮮ですから、フレッシュジュースの本来の美味しさを味うことができます。新鮮だから有効な成分を失っていません。新鮮さに拘るからこそオリーブの本来の良さを100%味わうことができる商品です。

Page Top
株式会社 オーキュウ
福岡市東区箱崎1丁目6-16Aden箱崎駅前2階
TEL 092-643-2021 FAX 092-643-2039
本社では、商品開発や商品の仕入れなど、
「どんぐり元気の森」の各店鋪を裏方として支えています。